社団法人茨城県青少年育成協会 伸びよう伸ばそう青少年

トップページ>>県育成協会ってなぁに?>>概要

県育成協会ってなぁに? −概要−

青少年育成運動の基本

茨城県青少年育成協会が手がける青少年育成運動とは・・・・。
  • 県民が主役となる継続的な県民総ぐるみの民間運動です。
  • 育成者である大人だけの運動でなく、青少年も参加する運動です。

茨城県青少年育成協会のあらまし

1.目的

青少年問題のもつ重要性にかんがみ、国及び県の施策と呼応し、県民総参加の運動を展開し、次代を担う青少年の健全な育成と、青少年、青少年関係者及びこれらの団体の活動の促進を図り、もってこれらのものの福祉の増進に寄与することを目的としています。

2.事業

目的を達成するために、次のような事業を茨城県内において行います。
(1) 青少年育成県民運動の総合企画及び関係機関、団体等との連絡調整の活動
(2) 青少年育成のための県民意識高揚の活動
(3) 青少年の自覚の高揚、健全な青少年団体及びグループの育成並びに青少年の社会参加促進のための活動
(4) 家庭の健全化を図るための活動
(5) 社会環境の健全化及び整備を図るための活動
(6) 青少年の非行と事故の防止のための活動
(7) 家庭教育、学校教育、社会教育等の連携を図るための活動
(8) 青少年指導者の養成、青少年育成のための研究、情報の収集、提供等の活動
(9) 青少年育成市町村民会議の育成援助の活動
(10) 青少年・青少年関係者及びこれらの団体の行う健全育成事業への助成
(11) 茨城県立青少年会館の管理業務の受託
(12) 茨城県立偕楽園ユースホステル業務の受託
(13) その他、この法人の目的を達成するために必要な事業

3.組織

青少年育成県民運動の推進に寄与する青少年育成市町村民会議または市町村及び県段階の組織をもつ青少年団体、青少年育成団体等、県育成協会の目的に賛同する法人・団体、個人で構成することにしています。

4.役員

県育成協会には、次の役員を置くことになっています。
会長:1人 副会長:7人以内 理事:20人以上30人以内(会長、副会長を含む) 監事:2人

5.経費

県育成協会に要する経費は、会費、負担金、委託金及び寄付金等をもってあてています。
茨城県青少年育成協会:組織図

平成28年度 活動方針

 明日の茨城を担う青少年が、社会とのかかわりを自覚しつつ健やかにたくましく成長し、夢と希望を抱いて社会に羽ばたき、自立した個人として社会で一定の役割を積極的に担い、活力に満ちた地域社会を創り上げていくことに貢献していくことは、県民すべての願いです。
 この願いの実現を目指して、昭和42年に青少年育成茨城県民会議を結成し、青少年の健全育成県民運動を推進してきました。平成24年10月には(財)茨城県青少年協会と合併し、子どもから若者までを一体的に支援する組織として名称も(社)茨城県青少年育成協会と改め、さらに、平成26年4月1日から公益社団法人として青少年・若者の健全育成県民運動を展開しています。なお、本年度は協会設立50周年を迎え、実りある健全育成県民運動の一層の推進を図ります。
 近年、グローバリズムや高度情報化の進展、価値観の変化・多様化等青少年を取り巻く社会環境は大きく変化していますが、このような中にあっても、多くの青少年は自らの夢や希望の実現に向け意欲を持ちながらいきいきと努力をしています。
 しかしながら、都市化、核家族化、少子化、地域における連帯感や人間関係の希薄化など社会の変化によって、家庭・地域の教育力の低下、貧困家庭の増加等青少年の成育環境は悪化しております。また、幼少期からの生活体験・自然体験等直接体験の減少も影響し、規範意識・社会性や学習意欲の低下、不登校、ニートや引きこもりの増加、さらに、情報機器の利用環境が大きく変化する中、深刻ないじめ等様々な問題が生じ支援を要する青少年・若者が増えつつあります。
 こうした青少年を取り巻く様々な問題に対処し、その実態と要因を把握し、解決のための方策と環境づくりに努め、青少年が将来、夢や希望を持ちながら社会的自立を図れるよう、適切な支援を行っていくことが強く求められています。
 今日の青少年問題の背景には、大人社会のあり方や家庭における親子関係や教育のあり方が密接に関係しており、本協会は特に子の教育について基本的役割を担う親に、その責務について一層の自覚を持ち、自らの役割を果たすことを願い「親が変われば、子どもも変わる」運動を育成運動の根幹に据え、県民運動を強力に推進します。
 また、地域社会の大人一人ひとりが青少年の育ちに責任と関心を持ち、青少年と交流を深め青少年を地域で見守り育んでいく「地域親」の普及を進めるため、「あいさつ・声かけ運動」などを推進します。
 さらに、青少年の自立心や社会性を育てる活動として、少年の主張茨城県大会の開催と県内全市町村において青少年の主張大会が開催されるようその促進に努めると共に、青少年・若者がいきいきと活躍できる交流活動への支援や環境づくりを積極的に推進してまいります。
 なお、本協会は公益社団法人としての特性を十分生かし、関係機関、PTA等関係諸団体等と協調を図り、家庭、学校、地域社会が一体となった子どもから若者までの健全育成支援の県民運動を積極的に推進します。また、青少年の健全育成を図る上で青少年育成市町村民会議との連携は特に重要であるため、未設置市町における設置促進に努めると共に、青少年育成市町村民会議の組織運営の充実のための積極的支援を行います。
重点目標
  1. 「親が変われば、子どもも変わる」運動の推進
  2. 「地域親」普及促進と「あいさつ・声かけ運動」の推進
  3. 「明るく楽しい家庭づくり」運動の推進
  4. 青年リーダー等育成事業の充実・強化
  5. 青少年育成市町村民会議、関係機関、PTA、関係団体等との連携強化
  6. 青少年健全育成県民運動推進体制の充実・強化
  7. 県立青少年会館の運営に関わる事業の充実

事業計画・収支予算

大会宣言・アピール

役員

トップページ
県育成協会ってなぁに?
概要
会員
正会員
賛助会員
顕彰

活用ください!
親が変われば子どもも変わる運動
あいさつ・声かけ運動
地域親
少年の主張・応援メッセージ
あけぼの
関連リンク


キーワード検索  文字拡大方法 文字拡大方法
利用条件個人情報の取り扱いについてサイトマップお問い合わせ
Copyright(C) IBARAKI-IKUSEI all rights reserved.